磯子区地域子育て支援拠点
「いそピヨ」
〒235-0023
横浜市磯子区森1-7-10
トワイシア横濱磯子2階
TEL.045-750-1322
FAX.045-750-1323

 
1
5
6
0
3
3

平成29年度 重点目標

重点目標

①妊娠期から拠点につながるような周知方法や取り組みを検討します。
②平成28年度に実施したアンケートをもとにニーズに対応した取り組みを行います。

主な取り組み

①母子手帳交付時に妊娠期の方向けにチラシを配布します。(拠点イベントや先輩ママからの妊娠期及び出産直後の悩みや解決方法を載せたもの)
②認知度の低かった「親と子のつどいの場」の情報集約をします。先輩ママからの育児上の工夫を集約し、情報提供することで育児不安の軽減につなげます。
 

取り組みの成果

①・妊娠期の不安の解決や、出産にかかわる情報を収集提供するためのイベントとして、「マタニティさんのための安産カフェ」を企画開催しました。(年1回)
 ・「マタニティ・ヨガ」を毎月行い、毎回多数の方の参加を得ました。
 ・母子手帳交付時に「マタニティ・ヨガ&マタニティさんのための安産カフェ」と「子育てサポートシステム」のチラシをセットにして配布し、次年度の拠点利用へつなげる工夫をしました。
②・年に4回開催している「いそごひろば連絡会」において「親と子のつどいの広場」5カ所の情報を集約をしたリーフレットを作成し、周知のため区内各施設に配架しました。
 ・「国際ママ会ボランティアOG会」とひろばで募ったボランティアがボランティアグループ「IsoCocco」となり、「先輩ママの育児上の工夫」について意見の集約をしました。
  集約したものから「先輩ママの育児の工夫Q&A」シートを作成しひろばに掲示しました。
 ・アンケートでニーズの高かった幼稚園情報に関して、ひろば利用者で幼稚園に通う児を持つママからの生きた情報を収集し、ファイルにまとめ、情報を必要とする養育者に提供できました。
                                                     平成30年5月 公開

 

取り組みの課題

①・妊娠期から出産直後に至る不安について、切れ目なく相談できる仕組みづくりのため、「マタニティさんのための安産カフェ」の定期開催に向けた検討が必要です。
 ・マタニティイベントを利用した人が出産後、自身の体験を次の人に伝える仕組みづくりが必要です。
②・29年度アンケートの結果も、「親と子のつどいの広場」の認知度がまだ低いことから、本年度作成した「磯子区つどいの広場リーフレット」を活用し、引き続き区内各施設に配架していく必要があります。
 ・「先輩ママの育児上の工夫」のうち一部のQ&Aをひろばに貼りだしました。今後その他のQ&Aもひろば利用者や「IsoCocco」のメンバーの声を活かして情報を更新し、発信していく必要があります。(発信媒体として、ニュースレター、ホームページ等の利用も検討)
 ・幼稚園情報について、ひろば以外でも公表できるような内容に情報更新し、発信方法を検討していく必要があります。
                                                     平成30年5月 公開